おうちカフェ時間を充実させませんか?初心者にもおすすめの珈琲器具を現役バリスタがまとめました!>>>

【カナダ生活】初めてカナダで生活する時にやるべきこと

【カナダ生活】初めてカナダで生活する時にやるべきことカナダ生活

旅行ではなく長期滞在先として、ワーキングホリデーや留学先としても人気のカナダ。
海外で生活するにあたって、最初に何をしたらいいか分からないという方のために、実際にワーキングホリデーをカナダで経験して住み着いたわたしが、カナダで生活を始めるために何をしたらいいのかを具体的なアドバイスとともにまとめます!

カナダで初めて生活するなら不安なのは当然!

新しい生活を始めるのって、わくわくする気持ちともに不安もつきものですよね。特に初めての長期海外生活となれば尚更です。
今回はわたしがこちらにきて初めの1週間でやったこと(やるべきこと)をシェアします。

ワーホリ・学生を経てから移民になって改めてやったことはこちらの記事にメモしてあります。自分用の備忘録的な感じですが、もしよろしければ参考までに…。

スポンサーリンク

SINを取得:カナダで仕事をするのに絶対必要!

SINとはSocial Insurance Numberという9桁の数字で、カナダの社会保険番号のことです。

ワークパーミット(就労ビザ)があるだけではカナダでは働けず、このSINをゲットする必要があります。また、仕事探しの時だけでなく、銀行口座の開設や、後々やることになるタックスリターン(日本で言う確定申告)をする際にも必要になりますので、取得後はなくさないように保管しましょう。

SINの取得は、ビザとパスポートを持ってService Canadaに行けばいいので簡単です。その場ですぐに発行してもらえます。

スポンサーリンク

カナダの銀行口座を開設しよう!

特にワーキングホリデーなど、働く予定でカナダに来ている人は早めに開設しておきたい銀行口座。なぜならカナダでは給与はPaycheque(給与支払い小切手)で渡されるからです。
わたしが今まで働いたホテルやカフェの中には銀行に振り込んでくれるところもありましたが、何にしろ銀行口座はカナダでのお給料の受取に必須です。

わたしのおすすめはTD BankとTangerineです。
TDは日本にも支店があるので、なにかあってカナダの銀行口座を閉めずに帰国してしまった場合でも日本で解約ができます。また、まだ英語に不安がある方には日本語が話せるバンクテラーに対応してもらうこともできます。

Tangerineはいわゆるネットバンクで、他のカナダ大手銀行と違い毎月の口座維持費がかからない&クレジットカードを作った場合に還元率がいいのでおすすめです。しかしリアル店舗はあるものの何か問い合わせる場合にはほぼ電話、日本語対応は無理だと思われますので、英語でのやり取りに不安がない方向けと言えます。

銀行比較についてはまた後ほど詳しく書きたいと思います。

カナダで使える携帯電話プランを契約しよう!

Wifiだけで生活しようとしている方もいるかも知れませんが、個人的にはカナダで使える携帯番号を持っておいた方がいいと思います。なぜなら、仕事探しや新しい部屋探しの時に携帯番号はあった方がいいからです。

逆にデータをつけるかつけないかで迷っている場合は、データはなくていいと思います。カナダは日本よりも街中でPublic WiFiが飛んでいる場所が多いため、それを使えば大丈夫です。

実際わたしが契約しているプランはカナダ国内のテキスト(メッセージ)送受信と音声電話し放題・データなしで月々$28(1CAD=85円で2,380円)ほど。格安です。

ただ、最近は格安プランの中でもデータ付きのものも出ているので、近々乗り換えるかも知れません。使用してみて良さそうならまたおすすめしたいと思います。

追記: 現在はPublic Mobileを使用しています

2020年現在は最初に契約していたPhoneBoxから切り替えてPublic Mobileを使っています。割引後$24/月額で1GBのデータと国内テキスト・通話無制限なのでおすすめです。
Public Mobileは大手のTELUSの回線を使っているので、コネクションも今のところ問題ありません。

スポンサーリンク

おうち探しを始める

留学・ワーキングホリデーでカナダにきて最初の滞在を安いバックパッカーやホームステイにし、後からシェアルームやシェアハウスに移るという方は多いかと思います。わたしもその一人でした。

カナダで部屋探しをするにあたってチェックしたいサイトをいくつかあげておきます。

上記二つは大手クラシファイドサイトで、カナダでの部屋探し以外にも仕事探しや不要品の売買、友達探しまでいろんなことで使えます。

ただ、気をつけて欲しいのが広告主によっては悪質な人がいる場合があること。

カナダでは部屋の契約時にデポジットという保証金を払うことが多いのですが、このデポジットだけ取られて実際に引っ越し時になったら実は空き部屋はなく泣き寝入り…という最悪なケースに陥っている留学生・ワーホリの人がいるというのを聞いたことがあります。
契約時の書類のやり取りはちゃんとしているかや、本当に信用できるオーナーかどうかをきちんと見分けることが必要です。

また、Facebookでもカナダ国内で部屋を貸したい・借りたい人のグループがありますので、それに入って探すというのも一つの手です。Facebookの場合は誰が投稿しているか身元がある程度分かるので多少安心できるメリットもあります。
参考までに、わたしが以前使っていたグループはこちら(バンクーバー用です):
https://www.facebook.com/groups/208133753011634/

ちなみに広告主に最初のメッセージ送るのはどんな感じがいいの?という方の為に、わたしが実際に送ったメッセージを載せておきますので、よければ参考にしてください。
Hi there! の部分は、もし広告主の名前が分かるようならその人の名前を書いてもいいです。
いつから部屋が必要か、簡単な自己紹介を書いて送りましょう。

仕事探しを始める

SINを取得し銀行口座を開設したら、早速仕事探し開始です。
前述のCraigslistを使ってもいいですし、カフェやレストラン、小売店の仕事なら求人の貼り紙を探してその辺を歩き回るのもありです。

バンクーバーでは、観光客が増える夏頃は人手が必要なので色んなところで "We're Hiring" や "Help Wanted" と言った貼り紙を見かけます。

カフェなどの場合は事前にお店の雰囲気を見ることができますので、事前に自分で実際に行ってみるのをおすすめします。いいなと思ったらすぐにアプライできるようにResume(履歴書)とできればCover letter(挨拶状のようなもの)も持って行くのをお忘れなく。

できればレジュメはカナダに来る前に作っておくのが理想ですが、初めての方にはこのレジュメ作りがなかなか難関だと思います。
わたしがレジュメ作りで気をつけたことなども含めて、上の記事で説明しましたので参考にしてください。テンプレートもあるのでそのまま使うこともできます。

スポンサーリンク

カナダ新生活でやるべきこと番外編:

最優先事項ではありませんが、カナダ・バンクーバーではじめて新生活を始めるならやっておくといいことをほかに2点ほどシェアします。

その1:図書館のカードを作っておくと便利!

こちらはバンクーバーの場合ですが、Vancouver Public Libraryはビザの有効期限が半年以上あれば会員カードを作ることができ、本やDVDを借りることができます。もちろん無料!
パスポートとビザを持って図書館の受付カウンターに行けばその場でカードを発行してくれます。
図書館内のWiFiを使うのにもこのカードに記載されている番号が必要です。

ダウンタウンの他に図書館のブランチはたくさんあって、どこのブランチでも同じカードでOKです。自習室やレクリエーションルームがあり、ESL(英語学習者)用のグループの集まりがあったりするので、最寄りの図書館を一度チェックしてみるのはとってもおすすめ。

ちなみにダウンタウンにあるVancouver Public Library Central Branchではバイオリンやギターなどの楽器を借りることもできます。常に誰かが借りているので自分の順番がまわってくるまでが長いのが難点ですが…。
わたしは今度バイオリンを借りてきて久しぶりに弾こうと思っています♪

その2:トイレの場所のチェックもお忘れなく…

カナダに来てわたしが最初に困ったこと第一位…それは公衆トイレがない!!そして道端に設置されている公衆トイレは危ないので入りたくない!!!
以前ワーホリで滞在したオーストラリアも同じだったのでなんとなく予想はしていたのですが、やはり…。

日本だと、コンビニなどですぐにトイレを借りられて安心なんですが、こちらでそれはあり得ません。飲食店などのドアにも "No Public Washroom" とか "Washrooms for Customers Only" などと貼り紙がしてあるのをよく見ます。

ちょっと物騒な話になりますが、ホームレスの人やドラッグ使用者に使われては困る…という理由からだと思います。なので、トイレに入るのにお店の人から鍵を貸してもらわないといけないのはカナダでは結構普通。

大きなショッピングセンターなどではもちろん、鍵なしでトイレを借りることができますので、特に女子のみなさんはそういった場所をチェックしておくのがおすすめです。

まとめ

以上、わたしが最初にカナダに来た時はどうだったかなー?と思い出しながら今回書いてみました。

簡単にまとめると

  • SINは仕事探しにも銀行開設にも必要。最優先で!
  • 銀行口座の開設
  • おうち探しを開始。でも詐欺には気をつけて!
  • 仕事探しを開始。クラシファイドサイトが便利!

わたしが住んでいるバンクーバーの様子は別の記事でシェアしていますので、バンクーバーに興味がある人は合わせて読んでみて下さい!

 

コメント