おうちカフェ時間を充実させませんか?初心者にもおすすめの珈琲器具を現役バリスタがまとめました!>>>

カナダ移民したらやること:To doリスト(BC州バンクーバーの場合)

カナダに移民したらやることBC州バンクーバーの場合カナダ生活

さて、先日6月19日に晴れて(?)カナダ永住権(PR)を取得したわけですが、ステータスが変わったことで改めてやらなければいけない&やっておきたいことリストを備忘録をかねてまとめてみました。

ちなみにまだPRカードは届いておらず、手元にあるConfirmation of Permanent Residence (CoPR) で色々申請しております。
CoPRで出来ることとPRカードが届くまで出来ないことがあるので、そのメモも兼ねています。
→7月22日追記:7月9日、ランディングから3週間程でPRカードが届きました。

わたしの場合、ワーキングホリデー・スタディーパーミットを経てカナダ3年目ですので、今回ガッツリこちらで新生活開始というわけではありません。

カナダで新しい生活をこれから始めるぜ!という場合は、ワーホリさんなど長期一時滞在者向けではありますが【はじめてカナダに来たらやること】を他の記事にまとめていますので、そちらをご参照ください。新生活に必須の家探しや仕事探しで使ったクラシファイドサイトなどのリンクも載せています。


SIN(ソーシャルインシュアランスナンバー)の更新

【初めてのカナダ生活、まずはこれをやっておこう!】の記事でも書きましたが、SINはカナダで就労したり、社会保障制度を受けるために必要な番号です。

ワーキングホリデーや学生など一時滞在の場合は9から始まるSINだったわけですが、PRになると新しい番号が発行されるのでランディング後に改めてService Canadaに出向く必要があります。

SINの取得は至って簡単。パスポートとCoPRを持って近場のService Canadaオフィスに行き、簡単な質問に答えて終了。あとは勝手にオフィスの人がやってくれます。混んでいなければ30分もかからずに終わります。

訊かれることは
・結婚前の両親の氏名
・自分の氏名
・生年月日
・カナダでの住所
くらいです。
これをService Canadaのオフィスで渡される紙に書いて提出します。

もしもこれが初めて取得するSINなら良いのですが、わたしのように過去一時滞在者として違うSINを持っていた場合には、CRA(Canada Revenue Agency)に連絡して登録してあるデータを更新する必要があります。
→7月22日追記:先日CRAに電話をかけたところ、何もせずとも既に新しいSINに更新されているとのことでした。

スポンサーリンク

BCIDを取得

BCIDは州の発行する公的な身分証明書です。
パスポートを持ち歩くのは紛失等の観点から危ないのでこれを取っておくのがおすすめ。PRじゃなくてもビザが半年以上あれば申請できるので、一時滞在でも1年間とかの場合は取得がおすすめ。
お酒を買うときとかバーに入るときとかに便利です。

と思ったのですが…。
これはCoPRではダメで、PRカードが届いてからまたおいでと言われてしまいました。

後日また、PRカードが届いてから行ってきます。

ちなみに場所はドライバーズライセンスセンターならどこでも大丈夫。BCIDでググるとセンターがリストで出てきますので、近い場所をお選びください。

結局免許証を書き換えたのでBCIDは不用に

BCIDは車の免許証がない人の公的な身分証のため、結局考えた末に免許証を日本のものからカナダのものに書き換えたわたしはBCIDは不用になりました。

免許の書き換えについては下の記事に詳しく書いておきましたので、ご入用の方は覗いてみてください。


スポンサーリンク

BC州の保険MSPに加入する

BC州の保険制度MSPに加入すると、医師の診察がキャッシュレスで受けられます。
歯科診療や薬代は負担しなければいけないものの、これは使わない手はありません。というか永住者となると加入が義務です。(ちなみにワーホリや学生でも、条件を満たせば入れます。)

https://my.gov.bc.ca/msp/application/prepareからオンラインで申し込みが出来るので、名前や入国日等の必要事項を記入してCoPRをスキャンまたは写真を撮ってアップロードすれば申し込み完了。

MSPに加入後にPharmaCareというものに加入すれば薬代も全額負担とはならず、収入等によって薬代の負担割合が変わってくるようですので、これもMSP加入が完了したら忘れずに申込みたいと思います。

MSPは申請から受理されるまで2ヶ月程度かかるようです。

この待機している間が問題ですよね…。

わたしは今回、日本を出国してから90日間カバーされる日本のクレジットカード付帯の保険で賄うことにしましたが、1日単位で利用できるブリッジス・インターナショナル保険サービス(BIIS)等を利用するのも手だなと思います。

わたしもBIISを使ったことがありますが、一度自分で全額負担しなければいけないという難点はあるものの、何より保険料の安さとそのあとの請求もそれほど複雑ではないので、個人的にはおすすめです。

LINCに申込む

Immigrant Services Society of BC (ISS of BC) のサイトを見ると載っているように、新移民をサポートするためのサービスが色々あり、LINCもその中の一つ。

LINCはLanguage Instruction for Newcomers to Canadaの略で、そのまま「新しくカナダに来た人のための語学学校」ですね。

生活する分には困らないんですが、徐々に英語力の衰えを感じるので(←…)これを利用してESLクラスにいくことにしました。何せタダだし。

https://issbc.org/our-resource/register-for-linc
上記のリンクから申し込み用紙をプリントアウトして、同じく上記のリンクのリストに載っている最寄りのセンターに持って行けばOKです。CoPRも忘れずに。

もしもプリンターが家になくても、センターに行けば申込書をくれるので心配ご無用。
わたしは図書館でプリントアウトしていったので20セント無駄にしました(笑)。

追記:レベル分けのアセスメントテストを受けてきました。詳しくは下の記事をご覧下さい。

スポンサーリンク

おまけ:別に今更やらなくてもいいけど…

わたしの場合はワーホリで1年、学生で1年とこれがすでに3年目のカナダですので銀行やら携帯電話やらは手続きが既に済んでいるのですが、せっかくなので色々見直して変えることにしました。

というわけで…

携帯会社を乗り換えてみた

今まではPhoneBoxという会社のテキストと音声通話し放題データなしで税込み$28/月のプランだったのですが、ついにわたし、データ付きプランデビューしました!✨

いや…だってね、バンクーバーって結構色んな場所にパブリックWi-Fiが飛んでいるのでそこまで困らないんですよ、データがなくても。

それでも今回Public Mobileという会社のプランに変えて、3Gではあるものの月々1GBのデータとテキスト通話し放題で同じく月々$28!!お得!(回し者ではありませんよ。笑)

しかもお友達紹介1人につきここからさらに$1値引きされるので、相方を後から加入させて$27!!さらに安い!!(回し者では…以下略。でももしも紹介して欲しい方がいましたらご連絡ください✨←…。)

新しい携帯会社のSIMはオンラインで購入。届いたらこれまたオンラインで手続きをし、アクティベートして携帯にセット。

今までの携帯番号もオンライン手続きでそのまま新しい会社に移動でき、その後に元契約していた携帯会社に電話一本ですぐ契約終了できたので超らくちんでした。

新しい銀行口座を開設

これに関してはもともと使っているTD Bankという銀行の口座があったのですが、利率のいいTangerineの口座を新しく開設してこちらをメインで使うことにしました。
とは言ってもまだ開設できてないんですが💧→7月末に無事に開設できました。

TangerineはScotia Bankというカナダの大手銀行傘下。
このTangerineが圧倒的におすすめなのは口座維持費がかからず利率が高いからです。

加えてキャッシュバッククレジットカードの還元率も、指定したジャンル(交通費・食費など)3つまでは最初の3ヶ月は4%、以降は2%なのでこれもおすすめ。(2019年9月現在)

口座開設に必要なものは、前述のSINと携帯電話の番号、カナダ政府発行の写真付きID(つまりBCIDやPRカード)…くそー…ワーホリ時代にBCID申請しておけばよかった(完全にアホです)。

ちなみにですが、わたしがもともとTDの口座を開設した理由が、日本にも支店があり万が一日本に急に帰ることになって銀行口座の解約が出来なかった場合に安心だったから。

でも今はPRも取ったことだし、今後そういう心配もないかなーと思ったわけです。

以上、とりあえず自分の備忘録的な【移民したらやることリスト】でありました。
PRカードが届いたら今できない手続きもざくざく終わらせていく予定ですので、この記事は随時更新予定であります。

カナダに初めて来る人の役にちょっとでも立てばなーと思います。
ワーホリさんなどで初めて来る方は、下の記事もついでにお役立てくだされば幸いです。

では本日はこの辺で!


コメント