おうちカフェ時間を充実させませんか?初心者にもおすすめの珈琲器具を現役バリスタがまとめました!>>>

カナダでワーホリ!カフェ面接までの道のり・メール返信の仕方

カナダでワーホリ!カフェ面接までの道のり・メール返信の仕方ワーホリ
カナダでワーホリ!カフェ面接までの道のり・メール返信の仕方

先日はワーホリなど海外での仕事探しに必要な英語の履歴書(レジュメ)・カバーレターについてを記事にしました。

さて今回の記事では、メールで仕事の応募をした後のやりとり・返信の仕方を実際の体験に基づいて書いていきます。

「カフェの面接で実際に聞かれること」は長くなりましたので次回の記事でシェアしたいと思います。
>>>更新しました。よければ下のリンクからご参照ください。

カフェ以外の求職でも、もしかしたら使えるかも知れません。が、カフェの場合は結構やり取りがカジュアルな面があるという点が注意かと。

とりあえずどなたかの参考になればと思い、書き起こしておきます。

応募したカフェからお返事が来た!内容は?返事の仕方は?

カナダではCraigslistIndeed、その他Monsterなどのサイトが仕事探しに使えます。
だいたいは「レジュメ(職種・会社によってはカバーレターも)を添付してこの連絡先に送って」と書いてあるのでメールで連絡。

もちろんレジュメを何枚か印刷して、街中のhiring adsを探して歩き回ってもいいですし、もしも気に入ったカフェがあるのなら募集をしているかどうかにかかわらずレジュメを渡しに飛び込むのもあり!

メールの場合は、間違いがないかどうか書いたことを読み返し、レジュメ&カバーレターを添付したことを確認したらポチッと送信…

今までの経験上、反応がある時は1日以内に連絡が返ってきます。最短で15分なんてこともありました。流石にこれはタイミングが良すぎでしたが。

わたしは今までに働いたのが小さめのカフェとホテルのため、もしかしたら大きな会社や違った職種ではもう少し返事が来るまでに時間がかかるのかも知れません。

とりあえず興味のあるポジションを見つけたら、いっぺんに何社・何店舗もレジュメとカバーレター送りつけてしまうのが良いと思います。返事が返ってこなくても凹んでいる暇はありません。

わたしはメルボルンワーホリ時代にバリスタをとして働き始めました。そのときは、30以上もカフェにメール送りつけ&レジュメ手渡しして面接まで漕ぎ着けたのが4店舗、実際に採用されたのがそのうち2つでした…ほんと厳しかった(笑)。
それでも経験なしでバリスタの競争が激しいメルボルンでカフェの職にありつけた(それだけ頑張った)と言うのは今の自信に繋がっています。

だから凹んでいる暇があったら、レジュメを見直したり英語を頑張ったり度胸をつけたり、なにか出来ることをやりながら諦めずに前進し続けるべし!!


応募先から実際に返ってきたメールはこんな感じ

あくまでも一例ですが、実際に返ってきたメールがフォルダに残っていたのでお見せします。

Hi Megumi,
Thanks for sending in your resume and for your interest in being part of the ****** team.
レジュメと、私たちのチームの一員になることに興味を持ってくれてありがとう。

We would like to sit down and meet with you in person at our head office located in North Vancouver. The address is ******, North Vancouver.
ノースバンクーバーにある本店で直接会って話をしたいです。住所は******になります。

Are you available on tomorrow, July 11th at 1pm?
明日7月11日の午後1時は空いていますか?

Looking forward to hearing from you.
連絡をお待ちしています。

All the best,
******(マネージャー名)

特にカフェの場合ですが、9割において「明日の何時に面接来られる?」とめっちゃ急にスケジュールを振られることが多かったです。

なのでなるべくレジュメのプリントアウトは時間のある時に事前にやっておくのがおススメ。ワーホリなどの短期滞在ですと、家にプリンターがないことの方が多いですからね。
図書館で印刷できますし、エージェントさんを利用している方はそちらで印刷させてもらえることがほとんどだと思います。

カフェだと募集しているロケーションでジョブインタビューをやることが多いのですが、このメールをくれたカフェの場合は本店まで来てくれということでした。


メールの返信例

一応こちらが返信例。実際に送ったものです。

Hi ******,

Thank you so much for reaching out.

I am sorry but unfortunately tomorrow would be a bit inconvenient for me.
I am available anytime on the 12th, Friday.
Does that work for you?

Best,
Megumi

これは「連絡ありがとう。明日は無理やけん、この日なら何時でも大丈夫なんだけどどうでっしゃろ?」と訊いてる返事です。参考までに。

もしも都合が大丈夫なら
Thank you for your quick reply.
I can make it during that time tomorrow, look forward to seeing you!

Thanks for your time,
などと返しておけば良いと思います。一番最後の文は「.」じゃなくて「,」なので注意です。

完全に余談ですが、最後のRegards, などの部分で、相手側から "Cheers," と返されたりして「めっちゃカジュアルーw」という感想を持ったこともありました。まあ、カフェならそれくらいフレンドリーでもいいってことですね(笑)。



スポンサーリンク

さて次回は遂に面接へ!

ということで今回はここまでです。

色々思い出しながら書いていたら頭が疲れてしまいました(笑)。
これからワーホリなど、海外で頑張る人の役に立ちますように〜〜!!

コメント