おうちカフェ時間を充実させませんか?初心者にもおすすめの珈琲器具を現役バリスタがまとめました!>>>

【バンクーバー】フィッシュアンドチップス 絶対外せないお店教えます

バンクーバーでフィッシュアンドチップス メインストリートのThe fish counterカナダ生活

今回は、バンクーバーで是非食べてもらいたいフィッシュアンドチップスのお店を紹介します。

「フィッシュアンドチップス」はといえば、イギリス料理の定番、魚のフライにチップスを添えたものですね。
揚げたてのフィッシュアンドチップスは最高ですが、その中でも特に美味しいと思うお店を、バンクーバー在住者が教えます。

The Fish Counter

お店の名前はその名も”The Fish Counter”!!ダウンタウンバンクーバーからは少し離れますが、お店やレストランが多く、いつも賑わうメインストリートにあるお店です。

メインストリートと言えば、たくさんのレストランやカフェに、洋服屋さんからアンティークな雰囲気の漂う家具屋さん、測り売りの蜂蜜屋さんやソープディスペンサー(石鹸の量り売り)などいろんな種類のお店がたくさん。
バンクーバーに住んでいる人はもちろん、観光など一時滞在で訪れる人にもおすすめできるストリートです。

地元で手作りで作られたアイスクリームが楽しめるお店や夜しか開かないちょっとミステリアスなカフェがあるのも、このメインストリート。

そしてわたしの大好きな古着屋さん(Thrift store)も、この通りにたくさんあります。


このThe Fish Counterは初めてかい?それなら…

バンクーバーでフィッシュアンドチップス 絶対外せないお店The Fish Counter

The Fish Counterが初めてなら、もちろん頼むべきはフィッシュアンドチップスです。
お魚は新鮮だし、クリスピーな衣はぶ厚すぎないので「魚食べてる!」感が満載。どれも脂っこくなく、あとから胃もたれしないのもポイント高いです。

魚の種類はその日の状況でときどき変わりますが、だいたい常時三種類。

Cod(タラ)・Salmon・Halibut(オヒョウと言うらしいです。ヒラメのでっかいやつで脂がのってる版だと思っていただければOKかと)から選べます。

個人的なおすすめはHalibut!!

バンクーバーでフィッシュアンドチップス 絶対外せないお店The Fish Counter

カナダらしくサーモンをチョイスするのもいいですが(これも美味しいですよ!)、Halibutのフカフカな白身は一度是非試していただきたいと思います。

写真を見てもらうとわかるかと思うのですが、The Fish Counterのフライはめっちゃ大きい!これだけで充分お腹いっぱいです…でもフレンチフライも付けちゃう(笑)。

 カキフライも巨大

フィッシュアンドチップスを頼んだ場合に限り、牡蠣を好きなピース数だけ追加で頼むことができます。

値段は時価のようです。冬の方が旬なので安いかな。
このカキフライも巨大です。牡蠣大好きな私としてはもう…大好きですこのお店。
存在してくれてありがとう!!

 バゲットもあります

バンクーバーでフィッシュアンドチップス 絶対外せないお店The Fish Counter

先日行ったところバゲットメニューも増えていたので、勧められるままに注文してみました。もちろん、新鮮なお魚のフライが挟んであります。

今回は牡蠣の挟まったバゲットにしました!
キムチとマヨネーズ系自家製ソースの意外な組み合わせ…美味い!でもこれまた大きいので食べた後はもう動きたくなかったくらいでした…満腹です。

野菜も付いてて嬉しい

お魚のフライを頼んでもバゲットを頼んでも、かならずサイドにコールスローのようなちょっとした野菜が付いてくるのは女子的には嬉しいポイント。

スポンサーリンク

The Fish Counterはオーシャンワイズ加盟店

フィッシュアンドチップスが美味しい以外にもこのお店をオススメする理由があります!
それは、オーシャンワイズの加盟店だということ。

 オーシャンワイズ?

オーシャンワイズとは、2005年にバンクーバー水族館で始まった環境保全プログラム。

日本でも近年、サステナビリティーというカタカナを目にするようになりましたが、オーシャンワイズは、まさにこのサステナビリティーを第一に、「海洋環境を破壊することなく海産物を食す」という考えをもとにしたもの。

網で根こそぎ獲るというような、海にダメージを与えるような方法で獲った魚ではなく、持続可能な海産物を選択しよう、地球環境に配慮することも食を満たすことと同じように大切だという認識を深めるためのものです。

 他にも環境への配慮

バンクーバーでフィッシュアンドチップス 絶対外せないお店The Fish Counter

The Fish Counterで見られる環境への配慮は他にも。

使い捨てでないシルバーウェアの使用や、持ち帰り用のコンテイナーはソース用の小さいものまで全部biodegradable(生分解性=コンポストとして捨てて大丈夫)です。

プラスティックゴミ問題から、less plastic/no plasticが世界で叫ばれていますが、こういうお店を利用することで少しでも貢献できればなと思います。

スポンサーリンク

お魚屋さん併設

バンクーバーでフィッシュアンドチップス 絶対外せないお店The Fish Counter

フィッシュアンドチップスのことばかり書いてきましたが、The Fish Counterでは地元の新鮮なお魚を買うこともできます!

スーパーマーケットでお魚を買うと、毎回スタイロフォームに入っていますよね。

バンクーバーではこのスタイロフォーム、リサイクル回収してくれないんです。指定のリサイクル場所に持っていけばいいんですが、結構大変だし…。

でもThe Fish Counterでお買い物をすれば、コンポストとして捨てられるブッチャーペーパーに包んでくれます!環境のことを考えて、これからはスーパーマーケットではなくこういうお店でお買い物をすることにしました。 

日本人ならきっと大好き。冷凍のイクラも売っている

お店の冷凍庫に目をやると、ホームメイドのフィッシュパテやら色々面白そうなものも売っています。
タイミングが良ければイクラもありますので、お家でお寿司パーティーなんて時にはもってこいです。

ちなみに、安く筋子を手に入れてお家でイクラの醤油漬を作りたいというこだわり派の方は、バンクーバーから南、リッチモンドのスティーヴストンまで足を運ぶのもおススメ。漁師さんから新鮮な魚介類を手に入れることができますよ。

店舗情報

Address: 3825 Main St, Vancouver, BC V5V 3P1
Website: https://www.thefishcounter.com/
Wifi: ×
Price: $$($~$$$)

゜:*★カナダのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

コメント