おうちカフェ時間を充実させませんか?初心者にもおすすめの珈琲器具を現役バリスタがまとめました!>>>

【バンクーバーで飲みに行こうぜ!】第三回: カナダ全土で第2位のタパスレストラン¿CóMO? Taperia

【バンクーバーで飲みに行こうぜ!】第三回: カナダ全土で第2位のタパスレストラン¿CóMO? Taperiaカナダ生活
バンクーバーで飲みに行こうぜ!バー・飲み屋さん情報はこちらから

週末に限らず、誘われてはちょいちょい飲みには行っていますどうもブログ主です。

先日Daily Hive Vancouverを見ていたら、目に飛び込んできたのがこんな見出し…

Air Canada names this Vancouver spot the second best eatery in the country

エアカナダ選出で、カナダ国内に新しくオープンした飲食店のなかでベスト10が先日発表されたのですが、その第2位になんとバンクーバーのとあるレストランが選ばれた!という記事でした。

記事を読んでみたところ、先日からずっと行ってみたかったMain streetのタパスレストランComoがその第2位のレストラン!

これはぜひ行ってみなければ!ということで、先日行ってきましたので、今回もゆるくレポートしたいと思います。

ちなみに元のエアカナダのサイトはこちら。
全10店舗が載っていますので、気になる方はこちらもどうぞ:
https://enroute.aircanada.com/en/top-10/canadas-best-new-restaurants-como-taperia


オープン当初から人気だったCOMO

このレストランがオープンしたのは昨年のことなのですが、自称Foodie(食べるのが大好きな人)の同僚からちょいちょい話は聞いていたのです。

その同僚からの前評判がこちら…
「COMOね、めっちゃいいよ。料理もお酒もおいしいし、何よりカウンター席がいい。なんか雰囲気が打ち解けやすいっていうか、周りの全然知らない人たちと一緒になって喋って3時間くらいいたわ。」

「ふーん…料理にうるさいコイツが言うなら間違いないな」とは思いつつ、引っかかったのが3時間も長居しちゃえる雰囲気という点…。

そんなに長居する人ばっかりだったら回転率が悪過ぎてなかなか入れないやんけー!(笑)

ちょっと並ぶのを覚悟でいざ出陣…であります。


スポンサーリンク

ちょっとハイエンド気味のタパスレストラン

金曜日の夜6時半…Best10に選ばれたのもあるし、ぜっったいに120%混んでる!と確信して出陣。

で、やっぱり混んでたー!(笑)

店の外に席待ちの人がいるし、やーだーもーみんなミーハーなんだからー(お前もだ!w)と思いつつとりあえず入り口近くのホストの人に「2人なんだけどー…」と聞いてみたら意外と「カウンターで立ち飲みでいいならすぐ入れるよ!」とのこと!なんと!

そもそもタパスレストランってそういう「立ち飲みでちょい飲み」みたいなイメージがあったわたし的には全然OK!!

しかもカウンターなら働いている人の様子もみられるし(これが結構好き)、カウンターで飲むことにしました!


アルコール類はこちら

【バンクーバーで飲みに行こうぜ!】第三回: カナダ全土で第2位のタパスレストラン¿CóMO? Taperia

微妙に暗くて写真がうまく撮れませんがそこはご了承ください!わたしのiPhone SEという石器時代のアイテムでは無理がある!

タパスと言えばスペイン、スペインと言えばサングリアじゃん?!という安直な理由で、Sangria Tinto(赤)とBlanca(白)を頼んでみました!

赤ワインってなんか、金属っぽいというか…歯医者を思い出させる味がしてダメなことが多いんですが、このお店の赤ワインはそんなことなく美味しくいただけました!

というかこのサングリアは赤の方が断然おすすめです!白はこの、中に入っているキュウリが主張し過ぎている。キュウリ、お前が主役ではないんやでぇ…。

ちなみに一杯10ドルちょっと(1CAD=82円として850円くらいと思っていただければ)…うーん、まあそんなもんかな。


お料理はこちら

【バンクーバーで飲みに行こうぜ!】第三回: カナダ全土で第2位のタパスレストラン¿CóMO? Taperia
【バンクーバーで飲みに行こうぜ!】第三回: カナダ全土で第2位のタパスレストラン¿CóMO? Taperia
【バンクーバーで飲みに行こうぜ!】第三回: カナダ全土で第2位のタパスレストラン¿CóMO? Taperia

えー、一気に飯テロの様子を醸し出してきました。

上から順番に、クラム(2枚貝)の酒蒸し、米なすのハニーとローズマリーロースト、オックスタン(牛タン)のグリルって感じだったかと。

クラムはそんなに、敢えてここで頼むほどではないかな。味の決め手がどっかさまよってました。
あと牛タンはこういうこってりのソースで食べるよりももう少し…新宿ねぎしみたいな方が好き(笑)。

一番おいしかったのはナスですね。あまじょっぱくて日本人にも受ける味。これは家でも真似しようっと。
こっちで売ってるこの"eggplant"って感じの卵形のなす(米なす)って、皮が硬いからオーブン料理に向いてるんですよね。
表面の食感がカリッとしてて、そこも好きポイントでした。


スポンサーリンク

テーブル席よりもカウンター席がおすすめ

このタパスレストランCOMO、混んでいるのでテーブル席が取りづらいっていうのがあるんですが、そうじゃなくてもカウンター席がおすすめ。

その理由が「ほかのお客さんと距離が近くてめっちゃ喋りやすい!」から。

この日も隣にいた全然知らないお客さんたちのグループと「次頼む料理悩んでるんだけど、どれがおいしかったー?」とかいう会話から、出身地の話やらなにか全然関係ない話で延々喋ってました。

なんだか分からないんですけど、店の雰囲気がそうさせるのか、ここにいると知らない人とすごく喋りやすい!(笑)

なるほど、これが長居してしまう理由か…。


まとめ

結局2人で行って、小皿も含めた料理5品とサングリア2杯をちびちびのんで1時間半くらい楽しんで帰ってきました。

お会計総額、Tipも含めて$93(約7,600円)なりー。高い!(笑)

タパスレストランにしてはちょっと高いかなーと思われますが、まあ話のネタに1回くらいは行ってもいいかなーというお店でありました。

では、また。

店舗情報

Address: 201 E 7th Ave, Vancouver, BC V5T 0B4
Website: https://www.comotaperia.com/

コメント