おうちカフェ時間を充実させませんか?初心者にもおすすめの珈琲器具を現役バリスタがまとめました!>>>

シーズン5の前にQueer Eye日本編を振り返る!英語学習もできるよ!予習編

役に立つ自然な英語表現

Netflixで見られる、世界中で大人気のリアリティーショーQueer Eyeをご存知でしょうか?

もうすぐシーズン5が公開になるのを前に、わたしの1番のお気に入り日本編を振り返るとともに、Queer Eyeで出て来たフレーズを使って英語学習記事としてご紹介したいと思います!

Queer Eyeとは?

もはや有名すぎて説明はいらないかもしれませんが、Queer Eyeとは各分野のエキスパート5人『Fab 5』が各話ごとの『Hero』を変身させるリアリティー番組です。

同僚:ちょっとQueer Eye日本編みた?!昨日Ep1みたんだけど!
Meg: OMG!! YO-KO SAN!!
同僚: She’s so cuuuuuuute!!
お客さん: OMG!! Guys! No spoiler!!!!(ちょっとネタバレしないで!!!!)

うちの職場でも大人気。ほぼみんな見てる(笑)。
ちなみに「うちの職場のジョナサン」とはQueer Eye出演者に激似の同僚です。このブログにもちょこちょこ登場させられています。

Heroはノミネート式で公募され、過去に負った傷をずっと引きずってしまっていたり、自分の殻に閉じこもって自信が持てなかったり、人のことばかりを優先しすぎて自分のことがおろそかになりすぎてしまっていたり…色々な背景をもつHeroたちにFab 5が寄り添って、自信を持って新しいスタート地点に立てるように手助けをしてあげます。

彼らは今まで酷いことを言われてきた&助けてもらってきたから、相手が軽く言った茶化した自分否定の言葉でも奥深さを読み取ってすくってくれるから泣けるのよね…

おるたなさん(@aratakid7)が核心をズバッっと突いてくれたので貼っておきます。

そう、Fab 5は思いやりと優しさがすごい深い!

ちなみにおるたなさんのブログはこちらです。アジア飯が好きな方にはおすすめ。

スポンサーリンク

Fab 5って?

Heroの変身を手助けする5人のエキスパートたちがFab 5です。
各エキスパートの名前と担当は以下の通り。

Jonathan
Jonathan

ジョナサン(Jonathan Van Ness ):美容担当
アメリカ出身の美容師さん。
週一で更新されるポッドキャストGetting Curious with Jonathan Van Nessもおすすめです。環境・政治・人権などなど、ジョナサンとゲストの専門家のトークから学ぶことは多し。

Antoni
Antoni

アントニー(Antoni Porowski):フードとワイン担当
我らがカナダ出身!イエーイ!(笑)
シェフで俳優やモデルもこなす細マッチョイケメン。
ジョナサンとカップルを装いインスタアカウント開設も、のちに"it's nothing serious."とファンを落胆させる。

タン(Tan France) :ファッション担当
イギリス出身。ファッションデザイナーで若くして自分のブランドを成功→売却→リタイヤ済みというすごい人。Dressing FunnyやNext In Fashionのホストも務める。
ジョナサンのポッドキャストにたまにゲスト出演。マジでおすすめなので聞いてください。タンの幼少期の経験には涙…。

Bobby
Bobby

ボビー(Bobby Berk) :インテリアデザイン担当
アメリカ出身インテリアデザイナー。15歳で家を飛び出して路上生活を経験しながらも、自分のお店を持つまでに至る。
超狭いアパートも日本の古い民家もアメリカのでかい部屋も素敵に変身させる凄腕。多分Fab 5で一番身体的に仕事してる。

Karamo
Karamo

カラモ(Karamo Brown):カルチャーとライフスタイル担当
アメリカ出身TVパーソナリティー。二人の子を持つお父さん。
カルチャーというふわっとした担当のせいであんまり仕事してないように思われがち。ヒーローに寄り添って言葉をかけ、新しい一歩を進むために自分に向き合うのを助けてあげてますよ!目がめっちゃ優しい。

日本編ではこの5人に加えて、東京ガイドとして女優・モデルの水原希子さんがFab 5をアシストします。

ちなみにQueer Eyeの書籍では、Fab 5のメンバーについてこんな風に書かれています。

Karamo likes to describe us as a family: He's the hot dad (of course), Bobby is the get-it-all-done mom, Tan is the nice big brother, Antoni is the eager-to-please middle child, and Jonathan is the beautiful baby who brings us all so much joy.

Queer Eye Love Yourself, Love Your Life

やばいですね。尊い。
Fab 5ファミリー尊すぎて眩しいです。

hot: かっこいい、イケてる、セクシーな
get it all done: なんでもさっさとやっちゃう(-で繋げて1語として形容詞的に使っています。)
eager to please: 人を喜ばせることが大好きな(同上)

スポンサーリンク

Queer Eyeの一貫したメッセージは「自分を愛することの大切さ」

ジョナサンが番組の中で言った言葉にこんなものがあります。

How you take care of yourself is how the world sees you. It’s OK to have a relationship with yourself.

「あなたが自分自身をどう扱うかっていうのはそのまま、周りがあなたをどう見てるかってこと。自分自身を愛してあげたっていいんだから。」(わたしなりに訳してみました。)

Fab 5はQueer Eyeの番組の中で、自分自身との接し方についていろいろな気付きを与えてくれます。(そして毎回、視聴者を号泣させてきます。ティッシュは2-3枚程度では足りませんので、ティッシュ箱を抱えて見ることを強くお勧めします。)

本当はこの記事からQueer Eye日本編を振り返る予定でしたが、紹介だけで熱が入って長くなってしまったので分けます。

Queer Eyeの英語を解説しながらネタバレ満載の予定ですので、「まだ見てない! Spoiler禁止!」という人はぜひ今からでも日本編を見て!ぜひ!見てください!!!Queer Eye視聴の際は、本気でティッシュは箱で抱えておくといいですよ!(笑)

第1話 Yoko-san編はこちらから

第2話 Kan-san編はこちらから

コメント