お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

Thoughts: COVID-19感染拡大の中でカナダに住んでいて考えたこと

ちょっと柄にもなく真面目に考えたから聞いてほしい。COVID-19の感染拡大で引きこもりになってからここ1週間ずっと思っていたことと、昨日一昨日Twitterを眺めて思ったこと。

今回は全然カナダ情報でもバンクーバー情報でもないし、ただ思ったことを書いてみた。それでも誰かに届けば良いなと思って、とくにこれから偉くなるひととか(笑)が読んでくれたらいいなと思って残しておく。

今わたしはカナダに住んでいるが、こっちに来て最初に思ったのは「路上生活者が多い」だった。これはオーストラリアに行ったときも同じことを思ったんだけど。

カナダの薬物問題は日本よりもおそらく大きいし、ほかにも先住民の人たちのホームレス問題(これには学校のドロップアウト率が高いとか、数十年前のカナダ政府が行った政策が大本の問題としてあるが)とか、とにかくカナダにはカナダなりに、ホームレスの一例に見えるように、国が抱える問題がある。

一方で、日本。目に見えて分かりやすい路上生活者のほかに、特定の住所を持たずに漫画喫茶などで寝泊まりする「路上生活ではないが、帰れる家がない」人がいる。彼らはわたしたちの目から隠されて(あるいは隠れて)いるだけで、路上生活の人と同じ立場なわけだよね。

カナダにも日本にも、ひとつステップを踏み外せばホームレスにならざるを得ない生活困窮者はいて、COVID-19で仕事がなくなったり経済が打撃を受けた場合に、一番にその直撃を受けるのはこういう人だと思う。

COVID-19感染拡大の影響で、世界では失業者がたくさんいる。でもこれは仕方ないと思う。もし今まで通り普通に生活していたら、もっとすごい数の患者さんや亡くなる人がでてしまう。

ヒトゴトのように言ったけど、自分だっていつウイルスのキャリアーになるか分からないし、症状が出ていないだけで実はすでにキャリアーなのかもしれない。そういう気持ちで毎日自分の体調をよく確認しながら引きこもっている。

外で働けない分、収入は確かに減るけど、カナダ政府が打ち出してくれたスピード感と一貫性のある対策・支援策のおかげがあってか、ものすごく不安になるようなことはとりあえずはない。

広く知れ渡っていることだとは思うけど、COVID-19感染が拡大する中で、カナダ・アメリカの北米2国や欧州の各国でも、人々の生活が困窮しないように政府から支援が発表された。支援の意味と、「お金の心配はとりあえず置いておいて、家から出ないでおとなしくしててくれ」という引きこもらせるための政策だと思う。

カナダの場合、失業者だけでなく、デイケア閉鎖に伴って家で子どもをみなければならなくなった場合の支給や、政府からの支援を受けても家のレントが払えなくて困りそうな場合にはさらに援助される。今住んでいる場所から強制的に立ち退かされないように政府が借り手側を守ってくれてもいる。

ところで冒頭の路上生活者に話は戻るけど、さっき流れてきたニュースで「COVID-19危機の間はコミュニティーセンターを路上生活者のシェルターとして使う」と。だいぶ遅いかなと思ったけど、市内の施設がすべて閉鎖されて1週間以内のことだし、とにかく受け入れる体制を整えてくれているようでよかった。

これに比べて日本って、具体的な対策がなされているように思えない。
カナダ政府が素晴しくて、日本政府がだめだとか、そんなことを言ってるんじゃない。

カナダにだって大きな負債はあるし、国の借金以外にも個人がそれぞれに抱える負債は日本より大きいんじゃないかと思う。そもそも日本人に比べて、カナダ人の方が適当でlazyだなって思うことなんてたくさんあるし。

カナダ政府が打ち出す今回のカナダ国民・永住者およびテンポラリーワーカーや各ビジネスへのCOVID-19支援の結果が、この騒動が終わったあとにどうやって跳ね返ってくるかなんて分からない。

それに支援と言ったって、ただ支給されるだけじゃなくて、後々また税金等で巻き上げられて政府の財政を補填することになるだろうし。

だけど、そういうことって、国を動かしているひとが、こういう危機の時にその国に暮らす人が少しでも安心して生活できるように、危機を乗り越えたあとみんなでまた元の暮らしを再建できるようにすることが最大の目的じゃないんかな。

わたしが得ることのできる海を越えて流れてくる日本の情報は、ニュースやSNS、家族や友達の話でしか分からないから、自分がその場に居るわけではない、何かしらの媒体を通した情報でしかないけど。日本のいまの状況、とくに偉い人達が議論したり発信していることを眺めていると、不安にしかならなくて困る。

このままでは本当に、感染以外で、経済的精神的に追い詰められて亡くなるひとが出てきてしまうと思う。偉い人はそれでもほかに税金収めるひとがたくさん残ればいいやって、思っているのかもしれないけど。

上に立つひとには、自分の決定によって影響される人たちがたくさんいること、それによって救われもすれば、もしかしたら取り返しのつかない結果になるかも知れないことをもっと意識して仕事をして欲しいと思う。みんなもきっと、そう思っているはず。

日本が立場的に弱いひとを少しでも守れるような、そういう事を考えるひとが国を動かしてくれるようになりますように。

(長々書いたけど要するに、国産牛商品券とか魚介商品券とか提言されるって頭涌いてんのかってそういうことです…←本音がでた。)

コメント