【バンクーバーで飲みに行こうぜ!】第二回:The Narrow Lounge編

【バンクーバーで飲みに行こうぜ!】第二回:The Narrow Lounge編

第一回からだいぶ間が空きました、みなさんはバンクーバー飲み屋ライフ(ナニソレ)をいかがお過ごしでしょうか…?

今回ご紹介するのはまたまたマウント・プレザントエリアの飲み屋、The Narrow Loungeです。

おしゃれにバーと呼ぶよりは、知る人ぞ知る(とか言って結構有名かも。笑)ちょっとアングラな外観の店、The Narrow Lounge、またの名をRed Lightでございます。

お得かつ行きやすい時間帯のハッピーアワーもやっているおすすめ店です。


怪しげな赤いライトが目印

【バンクーバーで飲みに行こうぜ!】第二回:The Narrow Lounge編

今回紹介するThe Narrow Lounge、外に看板などが一切出ていないのになぜか知っている人が多いという謎の飲み屋なのですが、バンクーバーの皆さんご存知でしたでしょうか?

目印になるのは店の外に煌々と輝く赤いライトだけ。

なにこれめっちゃ怪しい(笑)。ちょっと見た感じめちゃめちゃ治安悪そうなんですけど!!


ほんとにこんなとこに飲み屋あるのか!?勇気を出して灯りの下のドアをオープン…

うわあ、めっちゃ治安悪い場所の壁みたい!(笑)


ドア付近とは打って変わっていい雰囲気の店内

金曜日の6時過ぎという、飲むのにぴったりな時間帯に行ったせいもあってか、店内はまあまあ混雑。

実は以前通りかかったときに「そこにバーあるんだけど知ってる?ちょっと開けて中見てみ」と言われて店に入ったこと自体はあったんですが、そのときは金曜日の夜9時を回っていたせいか全テーブルいっぱい+通路にも人が溢れているという盛況ぶりでした。

遅い時間の方が本領を発揮するタイプのバーみたいです(?)。

【バンクーバーで飲みに行こうぜ!】第二回:The Narrow Lounge編

店内は赤系でまとめてあってピアノがおいてあったりしてまあまあいい感じの雰囲気&デコ。

あらやだちょっと、もしかしてお高いのかしらこの店?と思いきや…。


月曜から日曜まで毎日Happy Hour開催!

【バンクーバーで飲みに行こうぜ!】第二回:The Narrow Lounge編

なんとこのThe Narrow Lounge、毎日夕方5時から7時までハッピーアワーを開催しているんです。

カクテル各種は8ドル(1CAD=82円として660円くらい)、ビールはパイントで5ドル(410円)。なにせグラスがおっきいのでこれはまあまあ安い!

今回はカナダ発祥カクテルシーザーを頼んでみました。か…辛い…カイエンペッパーがかなりきいていてすごいパンチです。辛党の方はお試しください。

食べ物で一番のおすすめはNachosです!通常15ドル(1,230円)のところ、ハッピーアワーなら10ドル(820円)、プルドポークを乗せても14ドル(約1,150円)!!サワークリームとビーンズは無料で付けることができます!

ただし二人でも食べきれないくらいの量が出てきます。ヒイヒイ言いながら食べましたので、できれば3~4人くらいのグループでお出かけの際に注文することをおすすめします…。


まとめ

そんな感じで今回は、The Narrow Loungeのご紹介でした。

一見めちゃめちゃ怪しそうな佇まいですが、お店に入ればスタッフさんはフレンドリーだしお酒もご飯もおいしいしハッピーアワーはお得だし言うことないです。
名前の通り店内は狭いですが、6時過ぎくらいの早めの時間に行けばだいたい席も確保できるはず!

入り口の雰囲気と違ってへんなお客さんもいませんのでご安心ください(笑)。

店舗情報

Address: 1898 Main St, Vancouver, BC V5T 3B9
Website: http://www.narrowlounge.com/
Price: $~$$($~$$$)

ランキングに参加しています。面白かったらポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ ブログランキング ワーキングホリデーランキング

応援ありがとうございます!