【バンクーバー】レインクーバーもこんなに楽しい!冬におすすめのアクティビティーまとめました ①〜室内編〜

10/28/2019

【バンクーバー】レインクーバーもこんなに楽しい!冬におすすめのアクティビティーまとめました

遂にはじまってしまいましたね、レインクーバーことバンクーバーの雨の冬…

まだ10月(もう10月!?)なのにぐっと冷え込みはじめ、朝夜の気温はすでに一桁台。
日の出は遅いし日の入りは早いしで、ちょっとでも晴れたら日光を浴びに行かないと鬱になりそう…あ、この時期のビタミンDの摂取は絶対おすすめですのでぜひどうぞ(余談)
大塚製薬 ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.) 90粒

でもせっかくバンクーバーにいるからには、こんな抑鬱としがちな冬でも楽しみ倒してやろう!という主旨のもと、冬のバンクーバーでも楽しい気分で過ごせるように、おすすめのお出かけスポットとアクティビティーをまとめてみました。

今回はまず室内型のおすすめスポットを紹介していきます。


クイーンエリザベスパークの温室でトロピカル気分

クイーンエリザベスといえば、色とりどりの花が咲き乱れる春から夏にかけてが人気の季節。
地元の人にも観光客にも有名なスポットですが、冬でもこのパーク内でトロピカル気分が味わえる場所がこのクイーンエリザベス中央に位置する温室、Bloedel Conservatoryです。

ドーム状になった温室内では、熱帯・亜熱帯の植物や、放し飼いにされている200羽以上の極彩色の鳥たちに会うことができます。
室内は3つのゾーンに分けられていて熱帯雨林・亜熱帯雨林・砂漠地帯のそれぞれの動植物の生息地のことや、絶滅に瀕している種について、その生息地を守ることの重要性など楽しみながら触れることもできる展示になっています。

入場料はかかりますが、大人でも$7弱とそこまで高くありません。
複数回行く場合は、1回分ちょっとお得になる5-visit passも発売されているので検討してみては?

暖かい温室内で動植物を見て、触れて、香りを感じて…特に寒い冬にはとっても癒やされる空間です。

ちなみにクイーンエリザベスパークでは、小規模結婚セレモニーを無料で挙げたりもできます。超個人的備忘録的な記事ですが、よろしければ こちら の記事もご査収ください(笑)。

◆◇ 施設情報 ◇◆
Address: 4600 Cambie St, Vancouver, BC V5Y 2M4
Website: https://vancouver.ca/parks-recreation-culture/bloedel-conservatory.aspx


バンクーバーアクアリウムで癒やされる

スタンレーパーク内にあるバンクーバーの水族館、こちらも有名ですね。
バンクーバーアクアリウムは9,000種以上の海洋生物の展示に加え、海洋生物の調査や海岸の清掃活動など環境保全にも強く力を入れている施設です。
屋外の施設も一部ありますが、ほぼほぼ屋内で楽しめるのでレインクーバーでも心配はいらないかと。海洋生物以外にも、昆虫や蛙など多様な生き物がいておもしろいです。

個人的に強くおすすめしておきたいのがクラゲのコーナー。なぜか分かりませんが癒やされる〜。ぼーっと眺めていたいです。
バンクーバー水族館は入場料が大人38ドル(2019年10月現在)と高いのが難点ですが、自転車で行ったらヘルメットを、公共交通機関を利用して行ったらコンパスカードやバスチケットを見せれば数ドルオフになります。

長期滞在者におすすめ【バンクーバーアクアリウム】の年パスがこんなにすごい!

1年以上の長期滞在者なら年パスもおすすめです!!誰かわたしと年パス仲間になりましょー!(笑)

◆◇ 施設情報 ◇◆
Address: 845 Avison Way, Vancouver, BC V6G 3E2
Website: https://www.vanaqua.org/


サイエンスワールド(TELUS World of Science)

こちらも入場料が高い(2019年10月現在大人$27.15)ので、すごくおすすめかと言われるとちょっとそうでもないのですが、大人も十分楽しめて一日潰せる屋内スポットなのでリストに加えておきます。

あ、バンクーバーアクアリウムの年パス持ちならサイエンスワールドの入場料が20%ディスカウントになりますので、やっぱりアクアリウムの年パスは強くおすすめします(笑)。

個人的に好きなのは人間の体について学べるコーナーですが、そのほか科学にかんするデモンストレーションなど日によって違ったものもやっています。

サイエンスワールドの象徴的な球体の内側にあるオムニマックスシアターでは、巨大スクリーンと複数台のスピーカーによる大迫力の映像と音で映画が楽しめます!…が、追加料金がかかります。

◆◇ 施設情報 ◇◆
Address: 1455 Quebec St, Vancouver, BC V6A 3Z7
Website: https://scienceworld.ca/


Vancouver Art Gallery

美術館で雨の日を過ごすのも定番ですよね。
バンクーバーアートギャラリーはダウンタウンにある美術館。外観がなかなか古めかしく雰囲気があります。
昨年秋頃にはこの美術館の前で映画の撮影をしているのも見ましたよ。

4階建てのこちらの美術館、展示内容は時期ごとに変わりますので、お出かけ前に公式サイトをチェックするのをお忘れなく。

バンクーバーアートギャラリーも入場料がかかりますが、入り口での列をスキップしたい方はエクスペディアでチケットを事前購入できます。

さらに!火曜日の夕方5時以降は任意の金額でのドネーションによって入場が可能です!

◆◇ 施設情報 ◇◆
Address: 750 Hornby St, Vancouver, BC V6Z 2H7
Website: http://www.vanartgallery.bc.ca/


シルク・ド・ソレイユを見に行く

毎年10月はじめごろから12月の終わりにかけてバンクーバーへやってくるシルク・ド・ソレイユ。
日本でも公演していて超有名ですが、実はカナダ発のサーカス団なんですよね。

サイエンスワールド近く、コンコルドパシフィックプレイスに大きなテント群を見つけたら、それが彼らのステージです!
今年2019年のテーマはLUZIA、メキシコならではの鮮やかな色遣いで、ステージを見る前からわくわくさせてくれます。

人間業とは思えない華麗な演技と、生演奏は迫力満点。
チケットは安ければ50ドル台から入手できるので、割と低予算でも楽しむことができます。

◆◇ 施設情報 ◇◆
Address: 88 Pacific Boulevard, Vancouver, BC V6B 5E7
Website: https://www.cirquedusoleil.com/


インドアアイススケート

冬の代表的なスポーツといえば、スキーにスノボにアイススケート。
スキーとスノボはダウンタウンやそのすぐ付近ではちょっと無理ですが、アイススケートならお手軽に楽しめちゃいます。

バンクーバーにはインドアアイススケートができる場所はたくさんありますが、一番のおすすめはダウンタウンにあるロブソンスクエア。例年11月中旬頃からオープンして、仕事が終わる時間帯や週末は結構混んでいます。

スケート靴を持っていなくても格安で借りることができますし、時間制限もないので好きなだけ滑り放題。
自分のスケート靴を持っていればなんと、無料です!

◆◇ 施設情報 ◇◆
Address: 88 Pacific Boulevard, Vancouver, BC V6B 5E7
Website: https://www.cirquedusoleil.com/


さいごに

以上、冬のバンクーバーおすすめスポット屋内編まとめおおくりしましたがいかがでしたか?

え、ちょっと予算がかさむ? じゃあとっておきのデートの日とかにそんな場所へでかけましょうか!(笑)

次回は屋外編やもっと身近な屋内スポットまとめをご紹介しますよ!
今回のまとめよりもぐっと低予算で楽しめるところばかりの予定ですので、我が家のように倹約家の方はお楽しみに!

ランキングに参加しています。面白かったらポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ ブログランキング ワーキングホリデーランキング

応援ありがとうございます!