【バンクーバー】で食べるべきPoké(ポキ)レストランはここ!

【バンクーバー】で食べるべきPokéレストランはここ! カナダ生活
スポンサーリンク

今回の記事では、【バンクーバーで食べるべきPokéレストラン(勝手に)ランキング!】をご紹介します!

前回はバンクーバーのチェーンカフェ De ホットチョコレートを勝手にランキングしてみました。

今回も突然思いついたので、独断と偏見と、わたしが普段歩き回る範囲内にあるかどうかだけで決める(…理由がひどい)、【バンクーバーで食べるべきPokéレストランランキング!】行ってみたいと思います。

一時期のブームですごい数になったバンクーバーのポキレストラン。徐々に淘汰されて美味しくないお店は閉店したと思われますが、それでもダウンタウンバンクーバー内だけで10店舗以上と未だに結構な数。

そんな中をバンクーバーポキブーム真っ只中の頃から食べ歩いたと自負するわたくしが、お気に入りレストランから微妙なところまでを包み隠さずランキング形式でお届けします。

※まだトライできていないお店も多数ありますので、この記事はお店を新規開拓次第、随時更新していきたいと思います。


スポンサーリンク

そもそもPoké(ポキ)とはなんぞや?

【バンクーバー】で食べるべきPokéレストランはここ!

皆さんはPokéってご存知でしょうか?ポケと 発音する人もいるし、ポキという人もいます。

ポキはハワイ発祥の料理で、ダイスに切った刺し身の漬けと野菜がいろいろ乗った丼飯…とでも言いましょうか。
南国らしくパイナップルやマンゴーが乗っていることもあります。

お魚はだいたいがツナかサーモン、ベースは普通のご飯の他に、ブラウンライス(玄米)やミックスグリーンが選べることが多いです。

バンクーバーでは去年・一昨年あたりからブームになり、一時期はポキレストランが毎月新規オープンしていたといっても過言ではない状況でした。

日本に住んでいるときならスーパーマーケットで簡単に手に入ったお刺身も、バンクーバーではちょっと難しい…。

でもポキレストランに行けば、 お寿司と同じくらいかそれより安い値段で生のお魚が食べられてお腹いっぱいになってしかも健康的 !!
バンクーバーにポキブームが来て以来、結構ハマっていろいろなお店を試しています。


1st: Pokérrito

まずは1位、ダウンタウンバンクーバーにあるPokérrito!

好きすぎてここばっかり行っている疑惑のわたくしですが…。
ここは値段が安めでボリュームもなかなかあるので、お腹いっぱい食べられるというのが大きな理由。

安いながらもお魚は新鮮で美味しいし、プロテインの種類が豆腐や鶏肉も入れると9種類と多いのもいいですね。

選べるベースの種類も豊富で、ポキボウル以外に海苔巻スタイルやサラダ、ケールヌードルもあります。
ケールってあの、スーパーフードって言われる健康的な味の緑の野菜ですね…ケールヌードル…気になります。

Pokérritoは、マイランチボックスを持っていくと10%OFFになるのも魅力的です。得をしつつ、To-goコンテイナーの利用を極力減らしてエコフレンドリーに貢献できるのも素敵 。

マイランチボックスを持っていく場合は、なるべく大きめのものをおすすめします。わたしが持っている一番大きい容器がこちら上の写真になりますが、結構ガッツリ入れてくれます。

オーシャンワイズプログラム
にも加盟しているお店です。


2nd: Poké Five

ここは選べるプロテインの量は多くないですが、 ヴィーガン向けトッピングにひよこ豆があるのがユニーク。
ヴィーガンメニューは安め、普通のお魚を使用したメニューは1位のPokérritoよりもちょっとだけ高いです。

あとは普通のお魚チョイスだと炙りにしてくれるので好き。

変わり種のトッピングとしてはライチですね。ちょっと怖くて未挑戦ですが、そのうち…(笑)。

コマーシャルドライブで人気のPokéレストランです。


3rd: Oka-san Kitchen

以前別の記事で書いたお店なのですが、こちらはジャパニーズハワイアンのレストラン

ポキ専門レストランというわけではないのですが、ここのHonolulu Style No Frills Pokeが超絶おすすめです。

なんというか、『お母さんスタイル』とでも言いましょうか、「美味しいもの全部乗せました!食べてね!」って感じです。ちなみにご飯ありとナシが選べます。

店員さんもいつもフレンドリーだし、とっても好きです。


4th: The Poke Guy

開店当初から人気店のThe Poke Guy、お昼時はお店の外まで列が伸びているほどです。

他のお店と比べて特別すごく変わったのものはありませんが、新鮮な魚、特に脂が乗ったサーモンがおすすめのお店。トッピングのオプション数も多めです。

ここはプロテイントッピングのスクープ数でチャージされる仕組み。
あれもこれも1スクープずつ試したい!ということもできるし、逆に、今日はこれだけ1スクープでいいやーということもできるので便利なのです。

こちらもオーシャンワイズ加盟店です。


5th: Daddy’s Kitchen

コマーシャルドライブからもう一店、Daddy’s Kitchenは安さと早さが魅力。

お店の開店記念日に無料のポキボウルを振る舞ったことでも話題になったお店です。

通常時のメニューも、BEGGINER’S POKÉは9.50CADという安さながら、選べるプロテイン一種類とカニサラダ・わかめサラダ・枝豆にコーンと青ネギがかかった満足の1皿です。

あんまりお金は使いたくないけどどうしてもポキが食べたくなったらここに行きます(笑)。

余談ですが、このお店のバブルティーは安いけど微妙…です。


6th: Hooked Poké Bar

ここはお魚もとっても美味しいのですが、注目すべきはそのベースのチョイスの多さ。

白米・玄米・ミックスグリーンがごく一般的なラインナップだと思うのですが、このお店では他にキヌア・Glass noodle(春雨サラダみたいなやつ)とグリーンティーライスなんてものまで選べます(どんなものが出てくるのか怖くていつもキヌアにしちゃうんですが、誰か試しに頼んでみてほしい)。

こちらもオーシャンワイズ加盟店です。


今のところ圏外…

こちらは今まで試してみて、ちょっと今のところランクインはさせられない…と思ったお店です。

もしかしたらわたしが行ったときにたまたまイマイチだっただけかも知れませんし、グーグルやYelpなどでほかの人の評価を見ていると星5中5をつけている人もいましたので、これまたわたしの個人的な評価ということであしからずご了承ください。

Westcoast Poké

お店や店員さん自体には何も不満はなかったのです。
が、全部ピリ辛〜辛い系のチョイスしかなかったのと、お魚の新鮮さが疑わしい…

ちょっとなんか 、 なんかなーと思ったので、ここは圏外であります。また気が向いたらトライするかもしれませんが、精神的に回復するまでに時間がほしいです(笑)。


コメント