お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

【バンクーバー生活】日本の免許をカナダのライセンスに切り替えてきた話

日本の運転免許をカナダのライセンスに切り替えてきた話 カナダ生活
日本の運転免許をカナダのライセンスに切り替えてきた話

他のカナダ生活サイトやブログでもこれでもかと言うほど紹介されている話なのですが、先日、遂に日本の運転免許をカナダのものに切り替えてきました。
今更感もありますが、手順をまとめてみました。どなたかの参考になれば幸いです。

カナダに年単位で滞在するなら免許書き換えもいいかも

日本だと、特にすごく郊外にいかない限りはおおむね移動手段は電車で事足りますが、カナダはちょっとダウンタウン近辺から離れると電車とバスでは移動がキツい…ということはまったくもって普通。

ステータスがPRになったのをきっかけに、「これからどのくらい住むか分からないけど今後運転する機会もあるかもしれないし、折角だから書き換えるかぁ…」と思い立ち、カナダ生活3年が過ぎたところで重い腰をあげた次第です。(そもそも日本でもそんなに運転経験がない…。)

ちなみにその他のカナダ移民になったらやっておくべきことは【こちらの記事】を参考にしてください。

カナダの運転免許証に切り替えるための条件

ここではバンクーバーのあるBC州を例に話を進めます。

まず運転免許証の切替に必要なものは、『6ヶ月以上の期間があるビザ』と『日本の免許』になります。
日本の免許が青や金色なら、こちらで実技・学科試験を受けることなくBC州の免許証のクラス5に切替が可能。

もしも免許を取って2年以内の初心者の場合はクラス7という分類になります。

ドライバーライセンスのクラスって何?

クラス5とかクラス7とか何…?と思っている方!(わたしですね。笑)
分からなかったので調べてきました。

クラス7はNovice(初心者)、クラス5はフルライセンスのこと。下に細かく説明します。

Class 7: Novice
日本で言うところの初心者マーク。
カナダでは一定量ならアルコールを飲んでも運転可能だが、Nマークでは飲酒運転不可。
Nマークを車体に掲示して運転しなければならず、クラス5以上所持且つ25歳以上の監督者付きで走る場合を除き同乗者は1人までに限られるなど制約あり。

Class 5: Full license
Nマークのあと2年以上安全運転だと受験資格が与えられ、これをパスしてゲットできるフルライセンス。
いつでも単独で車が運転でき、Nマークの時にあった制限がなくなる。
日本で言うなら緑から青い免許になったって感じ?

ということで、ペーパードライバーなのでゴールド免許だった私は今回フルライセンスに切替となりました。(危なすぎるし怖すぎる…折角免許切り替えても、IDとしてしか使わない予感が今から満載です…。)

免許証の切り替えはICBCへ

免許の切替に出向く場所は、BCID取得と同じく各所にあるICBCです。
色んなところにあるので行きやすいところへ行けば良いと思いますが、ダウンタウンにあるICBCはお昼の後1時くらいだとかなり混んでいますのでご注意。

一応地図を貼っておきます。

Burrad駅に繋がる大きなビルの中、地下2階にありますのでアクセスはしやすいです。

免許証切り替えに必要な手順

1. 日本の領事館で日本の免許証の翻訳を頼む。
 ・有効期間が6ヶ月以上のビザや永住者カードと日本の免許証を持参のこと。
 ・1週間必要で費用は$24

2. 下記の必要なものを全部持ってICBCへ。
 ・日本の免許証
 ・免許証の翻訳
 ・ビザ or 永住者カード
 ・セカンドID(パスポートやクレジットカード等でOK)

3. ICBCで受付ナンバーを受け取り順番を待つ。
 (順番が回ってきたら自分の番号が電光掲示板で表示されます。)

4. 順番になったらカウンターへ。
 交通ルールに関する簡単な質問・視力検査をしてから免許証用の写真を撮影。
 費用$31を支払って終了(クレジットカードOKです)。

1に関して、急ぐ場合はICBC指定の翻訳者に直接頼むことも可能です。
翻訳完了後に特に領事館から連絡はありませんので、指定期日を過ぎたらいつでも取りに行けます。その際には日本の免許証を持って行くのをお忘れなく。

4での交通ルールに関する質問なのですが、スクールバスが前方に一時停止していたらどうする、とかいうことを質問されました。
間違ってもちゃんと答えを教えてくれて「覚えてね〜」で終わるので大丈夫…大丈夫かな…とりあえず免許書き換え自体はやってくれます(汗)。

Twitterでも呟きましたが「ルールが分からなすぎるから、免許書き換えたあとにフォローアップ的なドライビングスクールとかあったら教えて欲しいんだけど」とICBCで聞いてみたのですが。

ここは公的な機関で、特定のドライビングスクールとかは規則違反になっちゃって紹介できないから、代わりにこの教本あげとく」とLマーク(Learner:仮免的なやつ)がドーンと書かれたテキストブックをもらってきました。

頑張って読むか…。

さらにこれも呟きましたが、日本の免許は書き換えと同時に没収されますので注意です。

念のため裏表のコピーか、写真を撮っておくのがよろしいかと。

6ヶ月以下の短期滞在の場合

年単位で滞在する場合は免許の書き換えをするのが良いと思いますが、6ヶ月以内の短期滞在の場合はどうするか?
なんと日本の免許証をそのまま使うことできます。

日本の免許をそのままカナダで使うときの注意


カナダの警察関係者の多くは日本語が分かりません。
日本の免許をそのまま使うことができるとはいえ、「国際免許証」、またはICBC認可の翻訳者による「翻訳証明」の携帯が必要です。
「国際免許証」は日本の免許証と一緒に携帯してはじめて有効になるので、この点もご注意ください。

まとめ

さて、最後にざっと話をまとめます。

・カナダにいるのが6ヶ月以下なら、日本の運転免許証と翻訳版あるいは国際免許証を携帯して運転可能。
・年単位で滞在するなら免許の書き換えがおすすめ。
・書き換える場合は領事館とICBCへ。手数料は全部で$55ほど。(2019年7月現在)
・書き換えた場合、日本の免許証は没収されるので注意。

以上、今回は日本からカナダの運転免許証への書き換えについてでした。

運転できたら便利だけど、とりあえずしばらくどこか迷惑にならない場所で練習したいと思います。(「アジア人は運転ヘタクソ!」って言われちゃうしね!!)

事故らない様に祈っていただけると幸いですorz

ではまた!!

コメント