お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

エバー航空レビュー!控えめに言って最高だったバンクーバー〜台北

エバー航空レビューバンクーバーから台湾 台湾旅行記

今回バンクーバーから台北までの便はエバー航空(Eva Air)を利用しました。

エアチケットを探している時には「エヴァー?イーヴァ?聞いたことない…」とか思っていたのですが…(失礼)。
そういえばよく思い出したら成田空港で仕事してた時に「エバー航空○○便をご利用のお客様に〜」とかアナウンスしてた!

さて実際乗ってみた感じはどうだったか?今回もしばしお付き合いいただければ嬉しいです。

 

いざバンクーバー国際空港へ

エバー航空バンクーバー国際空港カウンター

どうでもいいんですがYVR Airportという言葉が耳に染み付いているので、バンクーバー国際空港って日本語で聞くと「せやった、そういう名前だったわー」感がすごいです。

さておき。

エバー航空のカウンターは中国系のエアラインのカウンターにあります。
とりあえずYVR Airport駅で降りてたら流れにのって進んでいき、 Internationalの方に進んで歩いていけばそのうち見つかります(適当…)。

今回オンラインで航空券を買ったのですが、何故か「決済に利用したクレジットカードをチェックインカウンターで提示する必要があります」という注意書きが…。そして実際に必要だったという謎…。

他のエアラインでこういうのって今までなかったと思うので、これからエバー航空をご利用の方はご注意ください。カナダからの利用だけかもしれませんが…。

 

おもてなし感がすごい:搭乗前から飲み物のサービス

今回のフライトは午前2時。空港には午後10時過ぎくらいについて免税店でのお買い物などを楽しんでいました。

が。

午前12時を回ったくらいから、もう眠気マックス…寝落ちしそうなレベルで睡魔に襲われていました。
でもわざわざコーヒー買うのもなー…と思っていたら。

なんと、エバー航空の搭乗ゲート前に飲み物のサービスが!
写真は取り損ねました💧

しかもコーヒーだけでなく、お茶・お湯・リンゴジュースまで選べました。まずこのおもてなし感でぐっと好きに。(名前も知らなかったくせに。笑)

機内アメニティーが充実

エバー航空レビューバンクーバーから台湾

さてさて搭乗時刻になりまして搭乗開始。

ケチな我が家なのでもちろんエコノミーシートです。まあ…普通に狭いですよね。

うちの相方(カナダ人。身長高め)のつぶやき「小さいseat…」がツボで笑いました。でもわたしは小柄なので問題なし(笑)。

変則的な3-4-3シートの真ん中、通路側に着席。
ピローとブランケット、イヤフォンがちゃんと置かれていました。


 

トイレの中のアメニティーも完備

機内のトイレの中には、歯ブラシ・イヤープラグ・アイマスクなど、快適に寝るために必要なアイテムがちゃんと揃っていて、しかも定期的にチェックして補充されている様子でした。いやー気遣いおそれいります。

それと、ハンドソープの横にはフェイスミスト・ハンドクリームなどもちゃんとついていて、乾燥しがちな機内で長時間過ごさなければいけない国際便ではありがたかったです。

特にわたしはアトピー持ちで肌の乾燥が酷いので、トイレに行くたびに保湿させてもらっていました。

 

 

エバー航空は機内食もなかなか

エバー航空レビューバンクーバーから台湾

画像の文字が見えづらくてすみません。
こちら、エバー航空機内食のメニュー書きでございます。
わざわざメニューまで配られるってすごくないですか?

ちなみにこのメニュー、もう1枚めくるとドリンクリストが書いてあります。
お茶・コーヒー・ジュース各種はもちろん、ビール・ウィスキー・ワインなどのアルコールメニューまで充実。ワインは食事中にCAさんが「いかがですかー?」と中国語と英語で訊いて回っていました。わお。

離陸してからはまず、お水・お茶・ジュースから選べる飲み物のサービス、そのあとにこちらのメニューが配布されました。

事前に友達から「もしもパスタがあったらそれは選ぶな。ほかはまあまあだよ」との前情報を得ていたのですが、今回はパスタはなかったです。

 

いざ実食。その1

エバー航空レビューバンクーバーから台湾機内食
エバー航空レビューバンクーバーから台湾機内食

夕飯…にあたるのかな?午前3時過ぎくらいに出されたのがこちら。

タイ風豚挽肉ヌードル(上)とチキンライス(下)から選べたので、相方と2人でそれぞれ別のものに。

メインに麵orご飯が入っているのにさらにパンまで…糖質on糖質か(笑)。でも美味しかったです。サラダもデザートもフルーツまでついていてとても良し。
このデザートのメープル味のムースが気に入りました。

 

いざ実食。その2

寝起きだったので画像がぶれていてすみません。

こちらが、到着1時間半くらい前に出された…朝食?でいいのかな。
中華風か西洋風か選べたので、2人とも中華風(お粥)にしました。

「ちょっとー…写真撮りたいからそっち洋式にしてよー。」とか言いつつ、自分の欲望に忠実な2人です。

相方的には左上の小鉢の魚が「小さくて骨噛んでるみたい」という感想で、あまり好みではなかったようです。日本人のわたしからしたら「食べ慣れている味」という印象で不満なしです。

 

まとめ:コスパ的に見て99点

今回払った代金は、バンクーバー〜台北の片道で550 CAD程(日本円45,000前後)。
ちなみに5月初旬のフライトを3月下旬に取るというドタバタっぷりでした。

大人1人当たり4万円台で
・カナダから台湾に行けて
・食事2回のサービスとアルコールを含めたドリンク類がついて
・枕・ブランケット・イヤープラグ・歯ブラシ・アイマスクなどのアメニティーも充実

ということを考えると、控えめに申し上げてエバー航空 最 高 です。

マイナス1点は…チェックイン時にクレジットカードが必要な謎?

相方のカナダのクレジットカードで決済したので、「なんならこれ、家に置いていこうかな」とか言ってたんです💧日本ではわたしのカード使えばいいし、台湾はほぼ現金利用なので使わないと思ってたんですよね。

でもサービス内容には満足です。
また利用したいと思います!

あなただけの特別な台湾旅行はMyTaiwanTourから!

 

コメント