お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

ワーホリで語学学校は必要かを真面目に考えてみた

ワーホリで語学学校は必要か ワーホリ

ワーキングホリデーでカナダやオーストラリアなどの英語圏に行かれる方は、語学学校を検討される方も多いかと思います。
国によってはワーキングホリデービザで最長6ヶ月という長い期間、学校に通うことができますが…それって本当に必要でしょうか?

オーストラリア・カナダと2カ国ワーキングホリデーをして、オーストラリアでは4ヶ月間ESLカレッジに通ったわたしが考える、語学学校の必要性について書いてみました。

語学学校って本当に必要?

語学学校を検討される方のほとんどは、ワーキングホリデー又は語学留学目的でカナダにいらっしゃる方かと思います。

語学留学を目的にカナダに来る方は、英語を勉強しにくるのが目的なので語学学校には通われるでしょうが、ワーキングホリデーでカナダに来られる方に語学学校は必要か…?

正直なところ答えは「日本で勉強できるので現地での語学学校は要らん人もいる。行きたければ期間は最小限に抑えるべし」です。

ワーキングホリデービザってすごいんですよ?
一年間自由な労働の権利が与えられてどこで働こうが自由、雇用主に縛られない!
国内の移動自由。働こうが遊ぼうが(期間は限られるけど)学校に行こうが本人の思うがまま。
こんなビザほかにないです!!
せっかくならこのワーキングホリデービザ、最大限有効活用したいと思いませんか?

しかし何故かワーホリ=最初は語学学校に行くというイメージが定着してしまっている今日この頃…。
行くメリットももちろんありますが、もし行くならば最短期間に抑えてもっとワーホリビザを活用するべきです。

※年齢的・時間的に余裕がある場合は、最初は学生ビザなど別のビザで入国し学校に通い、後でワーホリビザに切り替える手もあります。

語学学校にはメリットもある

念のため言っておきますが、語学学校を否定するわけではありません。

わたしはオーストラリアで英語を勉強しました。
自分自身、語学学校にも4ヶ月ほど行きました。

語学学校に通うメリットとしては

・いろんな国出身の友達ができて、楽しい
・毎日集中してやるので英語の伸びが早い
・外の世界の荒波に揉まれる前に慣らし練習ができる

があげられます。

※3つめのメリットはデメリットでもあります。普通の人は語学学校の先生みたいにゆっくり分かりやすく喋っちゃくれません。
実際語学学校を終えて働き始めて「周りの人がなんて言ってるのか、わからん!」なんてよく聞く話です。

もしわたしが最初のワーキングホリデーをやり直せるなら

最初のワーキングホリデー先だったオーストラリアで4ヶ月語学学校に通ったわたしですが、今なら絶対4ヶ月は行かないです。長過ぎます。

もし語学学校に通うなら最大2ヶ月にします。
中学校で習う英語の基礎があれば、あとは「発音矯正と慣らし」でトータル2ヶ月で英語は話せるというのを実感しているからです。

あと2ヶ月より長い期間は自分が飽きます。
英語を使ってほかの勉強(ホスピタリティーやインターナショナルトレード、チャイルドケアなどなど)をするならいいですが、語学だけ延々毎日フルタイムでやると、途中で「もうやりきったぜ…」感がでてきます。
(しかし翻訳の仕事を始めて分かったことですが、実際は語学の勉強に終わりはないんですがorz)

語学学校の費用は高い…通うなら最短期間で節約

英語は日本でも勉強できます。なのでできるだけ日本で勉強してから来るのが正解。
語学学校って高いんです。

ぱっとみた感じですが、どの学校も一週間で平均$350ほど (1CAD=85円として29,750円)、これを4週間通ったら約12万円…。
カナダのワーキングホリデービザは最大半年間学校に通うことができるので、これを半年やったら72万…げっ💦

この72万全部学校にあてるんじゃなくて、せっかくワーキングホリデーという自由なビザならどこかいろいろ見て回ったりするほうがいい気がする…💦

日本での英語勉強方法

ということで、語学学校期間を最短にするためには、時間が許すならばぜひとも日本で英語の下準備はしたいもの。
ちなみに「英語圏に来たら英語が話せるようになる」は  です。

そんな魔法みたいな話があるかい!(笑)

泳ぎ方を知らずに海に入ったら溺れます。英語を話せずに英語圏に行けば、溺れて死にはしないでしょうが泣くと思います。

地道に毎日勉強してくださいorz

わたしがもしこれからどこかにワーキングホリデーに行くとして、語学学校に行かないあるいは現地についてから最短で英語を使えるレベルにするために取るであろう、日本にいる間にやることを考えてみました。

・English Grammar in Use(中級編)をゆるく制覇参考記事

・英語で映画やドラマを毎日ちょっとずつみてインプットかつアウトプット参考記事

・いざ対人で実践するためにオンライン英会話をやるかMeetupなどのイベントに出掛ける

以上。
これをやるとめっちゃ安くて済みます。

実際いくらかかるかですが
1. テキスト代(Grammar in Useだけ。約4,000円)
2. 映画・ドラマは借りてくるかネットフリックス(一ヶ月1,000円くらい)
3. オンライン英会話(一コマ25分500円とか)
  またはMeetupに行くための交通費と開催場所(カフェやレストラン)での飲食費。

オンライン英会話は週3回と仮定して、この方法を半年やったとしたら5万円かからない…。
おなじ期間語学学校に通った場合を考えると全然安いです。

これをやって、できるだけ下地をしっかり地ならししてから渡航することで、語学学校に行くとしても期間と費用はいくらでも削れます。
自分のやり方と工夫次第なので、渡航してからの期間を有意義なものにするためにぜひ日本にいる間にできるだけ下準備をすることをおすすめします。

結論:できるだけ英語の下準備はしてから渡航するべし

以上、オーストラリアとカナダでワーキングホリデーを経験したわたしが、「最初の時にこうすればよかった…」を踏まえて書いてみました。
現地についてからの普段のコミュニケーションでも仕事探しでも家探しでも、どんな場面においても英語は必要。自分を守るための武器にもなりますので、身につけるに越したことは無いです。

どこでワーキングホリデーするにしても、その時間を有意義なものにするために、できるだけ言葉の下準備は日本にいる間にしてから来ることをおすすめします。

コメント